アイウェア選びに当たって|使用用途でカラコンを使いわけよう|激安商品なら種類を揃えられる
レディー

使用用途でカラコンを使いわけよう|激安商品なら種類を揃えられる

アイウェア選びに当たって

女性

購入しやすい価格帯へ

廉価な一律料金で作成することができる店舗が数を増やしたことで、視力を矯正するための道具としてだけではなく、アイウェアとしての役割を果たすようになったのがメガネです。街中を見渡した際、一昔前と比較して、メガネを使っている方が明らかに増えていること、またそのフレームのデザインやカラーが豊富になっていることなどからも、その流行具合を窺うことができます。一昔前にメガネを作成しようとした場合、定番のフレームやカラーを選び、また著しく視力が低かったり、乱視などへの対応が必要な特別なレンズを選ばなくても、数万円の出費になってしまうのが一般的でした。それが今や数千円単位まで価格が下がり、さらにデザインやカラーなども豊富な選択肢が与えられるようになったことで、入手のし易さも自由度よりより広がりました。その結果として、多くの方が三度メガネを身につけるようになったのです。

顔の輪郭とフレーム

そんなメガネ選びにあたっての一番の注意と言っても過言ではないのが、顔の輪郭とフレームデザインの関係です。特に初めてメガネを作成する際や、昔メガネを利用していたものの、似合わないと言われてしまった経験がある方などは、この点に注意してみるといいでしょう。人の顔は、その輪郭で大きく五種類ほどのパターンに分けることが可能になっています。それぞれ三角顔と四角顔、丸顔と面長、そしてこれらの中間にあたる卵顔です。卵顔は比較的どのフレームを選んでもメガネが似合う輪郭になっていますが、それ以外の輪郭の場合には、それぞれの顔の輪郭の欠点を補うフレームもあれば、欠点を強調してしまうフレームも存在しています。つまり、メガネが似合わないと言われててしまった経験がある方は、知らず知らずのうちに輪郭の欠点を強調してしまうデザインのフレームを選んでいた可能性が高いのです。これらの輪郭とフレームの関係は店舗の店員なども十分に把握しているポイントであるため、自分の輪郭に似合うフレーム選びに迷った際には、相談してみるといいでしょう。